詩的日常考察 ~ファルスメモリーシンドローム~

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
月光
I miss you・・・
スポンサーサイト
| 未分類 | 17:03 | トラックバック:0コメント:0
闇の中から ~SEXY EMOTION~
大きなムカデが私の顔を這いまわる。
ピンクのサルが私の肉を食い千切る。
いつの間にか虹色のシャボン玉の中でもがいていた。
痛みは無い。
苦しみも無い。
時は戻せない。
気が付くと、いつもの電車の中。
| 未分類 | 22:44 | トラックバック:0コメント:0
神よ
何かを得る為には何かを失わなければならない。
等価代償。何もかもが手に入るなどど思ってはいけない。誰もが手に入れるモノを選んでいる裏で、捨てるモノも選んでいる。これは世の中の理なのだ。
しかし、持っているモノを捨てても欲しいモノは手に入らない。得たモノを放棄しても失ったモノは帰ってこない。
唯一持っていた小さな箱を奪われたとしても、かつて持っていた大きな箱は二度と戻らない。
| 未分類 | 01:38 | トラックバック:0コメント:0
いやはや
人から何かを頼まれた時。
誘われたとき。
自分が乗り気でなくても、その場の状況に流されてYESと答えてしまう人間。後から話を聞いても本当は嫌だったとしか言わない。何となくで自分の意思を抑圧してしまうのは好きではない。何より自我に嘘をつくのは難しい。嫌だと思ったなら嫌と言える。これはとても大切。自分は自分である事の大きな証明でもある。
嫌な事は必ず嫌と言う。無言は肯定と見なされる世知辛い世の中ですから。
もっと自分を大事にしよう。
NOと言える人間。嫌な事は嫌と言える人間。
そんな人間をこれからも貫き通していきたいですな。
| 未分類 | 10:17 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

ヴァルター

Author:ヴァルター
私はシャムガルの槍。時に魂を与え、魂を奪う。もし永遠の虚構を愛するならば、一切の感情を排除し貴女を刺し貫こう。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。