詩的日常考察 ~ファルスメモリーシンドローム~

いやはや | main | 悔恨
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
薬物
薬物依存って言葉。
昔から危険視されてさんざんダメ、絶対なんて言われているのだが、本当にそれは正しいのだろうか。
覚醒剤なんかを服用した場合の結果とそれが及ぼす社会的影響、悲惨さをまじまじと見せ付けられて育ってきた。特に薬物は依存性があるから危険だとか、犯罪を起してしまうからダメだとか聞かされている。
確かに覚醒剤はそういった可能性も含んでいる。だが何故薬物だけがそこまで迫害されているのか。
よくよく考えて見れば、酒や煙草も同類なのではないか。酒はアルコール中毒の危険性があって、飲酒運転なんかで大きな犯罪が増えつつある。煙草にいたっては吸っている状況すら周りに悪影響を及ぼしているではないか。それぞれが身体にどんな影響があるのかは周知の事実だが、これらは合法で薬物が違法としているのはいまいち理解できない。第一、大概の薬物よりも酒や煙草の方が遥かに依存度が高いのである。しかも薬物によって起きた犯罪と飲酒によって起きた犯罪はどちらが多いのか、ちょっと考えればすぐ分かる。
日本は本当に謎が多い国ですよね。

あ、煙草ってヘロインよりも依存性強いのは知らなかったなぁ。
スポンサーサイト
| 未分類 | 17:28 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://valter.blog72.fc2.com/tb.php/14-948d594b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ヴァルター

Author:ヴァルター
私はシャムガルの槍。時に魂を与え、魂を奪う。もし永遠の虚構を愛するならば、一切の感情を排除し貴女を刺し貫こう。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。